ビデオメモリー
ビデオ制作

ビデオ制作企画

少し面倒かもしれませんがビデオ制作には撮影と同じ期間、企画や構成を練ったりする時間が必要です。事前に計画を立てるのと立てないのとではビデオの完成度に大きく響いてくるのです。パソコン専門店で相談すると色々かわるかもしれません。

皆さんが普段見ている映画やテレビ番組も、構成作家や脚本家などの専門家が企画を練って完成しており、行き当たりばったりの撮影ではありません。

個人でビデオ制作する方はちょっと難しいと思うかも知れませんが、基本を踏まえれば意外と簡単に誰でも考えることができるんですよ。

企画とは

ビデオ制作にとって企画とは切っても切り離せない存在です。

何も難しく考える必要はありません。企画とはそんな大それたことではなく3つの注意点を守ることで容易に考えることができます。ではその3つの注意点とは?

映像が画になるか
ビデオ制作において映像が画になるかどうかは大きな鍵となっています。どんなに良いストーリーでもそれが単調で当たり前のように過ぎていけばつまらないビデオになってしまいます。画になるかどうかはビデオ制作の費用にも関係する大きな事項です。

例えば個人で長編スペクタクル映画を作るなんてちょっと無理がありますよね。自分が思い描いている画が無理なく映像として納まるのか、事前にチェックが必要になるというわけです。
発展性があるか
画やストーリーにも言えることですが、発展性がなければなんの意味もありません。伝えたいものが明確であればおのずと発展性は付いてくるものです。ストーリーが発展しないと映像も進まないわけですから、テンポよく進むストーリーの展開を考えてみましょう。
話題性があるか
流行に乗れとは言いませんが話題性のある作品は少なからず人の興味を刺激します。なにも大きな流れに乗るとかそんな難しいことを要求している訳ではなく、何年後もしくは何十年後にそのビデオを見たとき、その年の流行が少し加えられていると実に面白い作品に仕上がります。

いつの時代でも親しまれるビデオを制作するために話題性を取り入れてみてはいかがでしょう。

構成とは

ビデオ制作においての構成とは、企画とはまた違った意味を持っています。気をつけて頂きたいのは「起承転結」を意識することです。

どんな作品にも起承転結は生かされており、普段何気ない日常の会話の中で起承転結を意識するだけで、話の内容が面白く興味を引くものになります。

それは映像の場面でも同じことが言えるのです。起承転結を取り入れメリハリをつけるメリットはなんといっても視聴者を飽きさせないことにあります。次々と観る人を魅了するような会話の流れ、もしくは文章などのテロップや映像を駆使してビデオを最後まで飽きさせず魅せる必要があるのです。

注目サイト

人気の声優事務所ランキング

Last update:2017/9/20

Copyright © 2009 ビデオメモリー All Rights Reserved.